2007権現堂堤の曼珠沙華


9月28日(金)晴 お天気が良かったので、
定例の済生会栗橋病院に行った帰りに、権現堂堤の曼珠沙華を見てきた。若い人は平日忙しいのか少なかったが、先日、NHKで紹介されていたこともあってか思った以上に見物の人がいたので驚いた。
予想通り中高年それも女性が多かった。多くの人がデジカメを持っていたが、高級カメラを構えているアマチュアカメラマンらしき人が何人もいた。車椅子の人も金さんの他にも見に来ていた。保育園ぐらいの子供たちも連れられて来ていた。
埼玉県の曼珠沙華は日高市の巾着田が有名だが、こんなに近くでも見られるのだから、無理をして遠くまで行かなくてもいいようだ。
権現堂堤の曼珠沙華は市民のボランティアによって植えられたもので、堤の下の見学者が通る道は、テレビの報道によると最近整備されたものらしい。新しく整備された道は車椅子も通れるので桜の時期にも活用できそうだ。
権現堂堤は、春の桜と菜の花から始まって夏はアジサイ、秋には曼珠沙華と花が楽しめる。近くに花の楽しめる場所がまた一つ増えたのは嬉しいことである。


※ 権現堂堤の茶屋に近いトイレには車椅子用のトイレもある。
  ただ電気が探しても見つからなかった。

※ 参考ホームページ

  幸手市観光協会:http://www.satte-k.com/index.html
  日高市巾着田公式ホームページ:http://www.kinchakuda.com/  


車椅子の視線から お出かけ情報 熟年夫婦の田園生活